file.png
daga-08-923x600.png

完全レスポンシブデザイン対応のノーコードツールEditorXを初心者にも分かりやすく解説!【2022年最新版】


こんにちは!

兵庫・大阪・京都・奈良を中心に、関西から日本全国でWixを使ったホームページ制作を行っているWix公式パートナーのWixプロ金光です。



今回は、「WIX」が、レスポンシブデザインに特化して作成した新エディターである完全レスポンシブデザイン対応のノーコードツールであるEditorXについて、初心者にも分かりやすく解説をしていきます。



「管理運用がしやすいノーコードツールでホームページを作りたい」

「いまWixを使っているけどEditorXにサイト移行を考えている」

「完全レスポンシブデザインのお洒落でカッコいいホームページが作りたい」



そんな方は今回の内容を参考にして頂いた上で、自社サイトの運用をより充実したものにしてもらえればと思います。



それではいってみましょー!


EditorXで完全レスポンシブデザインのSEO対策がされた集客に効果的なホームページ制作ならWixプロ

EditorXの概要を簡単に紹介!

EditorXとは、ノーコードでお洒落なウェブサイトやホームページを誰でも簡単に作ることができるサイト制作ツールです。



ノーコードツールとは、その名のとおり「コードを使わなくてもホームページを制作することができる」画期的なツール。



ひと昔前までは、ホームページを作るとなると、専門知識を持ったデザイナーが何やら難しいコードをひたすら入力して、莫大な時間をかけてサイトを作ることが当たり前でした。



素人がホームページを自分で作るなんて到底無理。そんな時代でした。



そういったホームページ制作における常識が、このノーコードツールの誕生で「誰でも簡単にホームページが作れる世の中」に劇的に変化したわけです。



ノーコードツールの代表的なもので言うと、Wixです。



2006年にWixが誕生し、今では全世界に利用ユーザーが2億人を突破しました(2021年末時点)



そんなノーコードツール業界の巨匠といわれるWixが、「Wixよりももっと高機能で使いやすくデザイン性も高いツールを世に出したい」との想いで、今回満を持して開発されたのがEditorXです。



いわば「使いやすく、カッコよくなったWIX」と捉えてもらえればいいかと思います。



EditorXの最大の特徴は何といっても、WIXの使い方をそのまま継承し、サイトパーツの全てをマウス1つで自由に配置・デザインできること



まるでPowerPointで資料を作っているかのような感覚で、お洒落でカッコいいホームページが完成します。もちろんSEO対策などもばっちり行うことができます。



何よりもコーディングなどの専門知識が全くないパソコンが苦手な方でも、品質が高く見栄えの良いホームページを作ることができます。



これからEditorXでホームページ制作を考えている方に向けて、

そんなEditorXの「良いポイントと悪いポイント」について解説していきます。


WixやEditorXでSEOに強いウェブサイトやホームページ制作代行会社ならWix公式パートナーのWixプロ

EditorXの良いポイント(メリット)

完全レスポンシブデザイン対応


縮尺がおかしなことになっているサイトを、たまにスマホなどで目にしたりしませんか?



そういったサイトはレスポンシブデザインになっていないサイトなんですね。



見るときにアップにしたり小さくしたりしないといけないから見ずらいですよね。



レスポンシブデザインとは簡単にいうと、PC・タブレット・スマホなどそれぞれのサイズに合わせてサイトが自動的に調整される機能のことです。



もっというと、同じ内容の情報を、アクセスする側の端末に応じた表示に自動で切り替えられるようになるんですね。



いわゆる、「見る人のことを考えた、見る人にとってやさしいサイト」です。



見る人のことをちゃんと考えて作られているサイトは、Googleさんからの評価も高いです。

評価が高いということは、SEO的にも有利。



昨今はスマホやタブレットでネット検索をするのは当たり前。



時代に合わせたサイト作りをすることで、しっかりと売上に繋がります。



EditorXは、そんなレスポンシブデザインに完全対応しています。


EditorXの完全レスポンシブデザインについての詳細はこちら


完全レスポンシブデザイン対応のEditorXでウェブサイト制作代行会社ならWixプロ


お洒落で見栄えの良いテンプレートが盛りだくさん


EditorXで、見栄えの良いしっかりとしたホームページが誰でも簡単に作れるのには秘密があります。



それが、テンプレートの圧倒的な多さ。しかもクオリティがかなり高い。



「これから頑張って作るぞ」という方は、白紙で一からサイトを作る必要はないんです。



お洒落なデザインのテンプレートが豊富にあるので、その中から自社の業種や好みに合ったテンプレートを選んで、それを部分的に編集すればいいだけ。



このテンプレートの活用こそが、誰でも簡単に高品質なホームページが作れる理由です。



EditorXの使い方になれれば、テンプレートの活用すれば、1日でサイトを作ってしまうことも全然できます。



本業が忙しくて、サイト制作にあまり時間が取れない方にもぴったり。



もちろん、デザインや機能にこだわりたい方は、白紙で一から作ることで世界に1つだけしかない必要なものが全て揃ったサイトが完成します。


EditorXのテンプレートを見てみたい方はこちら



EditorXを使ってホームページを作りたい方に初心者にもWixプロが分かりやすく解説


マウス1つでどんなサイトも自由自在


これこそノーコードツールの最大の特徴。



何も難しいことは考えずに、直感的な操作だけでサイト作りができます。



マウスのドラッグ&ドロップとクリックだけで、イメージ通りのサイトが完成します。



EditorXはWixの新エディターということもあって、Wixから受け継いださまざまな便利な機能を簡単に使うことができます。



例えば以下。

・お問合せしてくれた人に対して、好きなデザインで自動返信メールを作って送れる

・ワンクリックでサイト上にブログを配置できる

・SNSとの連携がアプリ1つでできる

・会員登録してくれた人だけに見せれるページが作れる

 →会員のみのフォーラムやグループを作り、記事の公開やコミュニケーションがとれる



などなど。

Wix専門の私たちWixプロでもまだまだ知らないサービスや機能が毎日どんどん追加されています。



↑このような機能を普通に作ろうとすると(ノーコードツール以外で作ろうとすると)莫大な時間とお金がかかってしまうことは明白。(制作業者に頼むとすごく高い)



こういった機能が誰でも手軽に組み込めるのも、ノーコードツールであるWixを引き継いだEditorXの最大の強みであると言えますね。


EditorXのさまざまな機能を見てみる


EditorXを使ったお洒落で見栄えの良いしっかりとしたホームページやウェブサイトの制作代行会社はWixプロ

SEO対策が誰でも簡単にできる


「SEO対策って専門的な知識がないとむずかしそう...」

「SEO対策を業者に頼むと高そう...」



そんな風に思ってませんか?



安心してください。EditorXなら自分で驚くほど簡単にSEO対策ができます。



やり方は簡単。サイトを一通り作成したら、SEOツールの手順に沿って必要な操作を行っていくだけ。



「サイトを作ったのはいいけどGoogleの検索結果に全然出てこない...」



心配ご無用です。EditorXならサイトをワンクリックでGoogleに接続し、わずか30秒ほどでGoogleの検索結果に表示されます。



Wixプロにサイト制作のお問合せを頂く中でも特に多いのが、制作後のSEO対策について。



サイトをGoogle検索に表示させたあとは、個別SEO対策設定を行い、Google検索での表示順位向上(検索上位表示)を目指すことができます。



そのほか、「サイトがどれぐらいの人に見られているか知りたい」人もご心配なく。



アナリティクス機能を使えば、期間ごとの訪問者数、注文数、コンバージョンレート、売上などを追跡して、サイト上での訪問者のさまざまな行動を確認できます。



このようなマーケティング&SEO機能を効果的に活用することで、サイトを自社の資産とし、売上最大化につなげることが可能になります。


その他のさまざまなマーケティング機能を見てみる


SEOに強くお洒落でデザイン性の高いWixやEditorXで作るホームページやウェブサイトならWix公式パートナーの制作代行会社ならWixプロ



EditorXの注意ポイント(デメリット)

バグが起きたときの修復が困難


これはノーコードツールだからこその問題(課題)でもあります。



バグというと例えば、

・テキストや画像のズレ

・サイト内での謎の空白



などなど、細かいものが多いですが、Wixなどのノーコードツールを使ったことがある人なら一度は経験しているはず。



開発元に全て委ねられているツールだからこそ、ツール上でのバグやトラブルが起こった際には、自分での修復はかなり難しいです。



なので、EditorXを使ってサイトを作る際には、上記のような一定のリスクを予め把握した上で運用管理を行うようにしましょう。



もしバグが起きた際には、「Editor X Community」という、バグの相談や修復方法の質問をし合うユーザーコミュニティが、EditorXにはあります。



もしものときは、活用されてみるのもいいかもしれません。


EditorXでホームページやウェブサイトを作るデメリットと注意点【バグや不具合の発生】


とはいえ大反響のEditorX


日本ではまだまだ知名度の低いEditorXではありますが、海外では一足先に大反響を呼んでいます。



その多くがWixユーザーで、Wixよりもさらに高性能の機能を兼ね備えたサイトが制作できるとのことで、海外では毎日多くのサイトがEditorXで作られています。



日本での制作事例はそこまで目にする機会は多くないですが、2021年年末頃にEditorXの日本語版がリリースされたこともあり、これから海外に続いて日本でもユーザー数が増え反響を呼ぶことは間違いなし。



EditorXのサイト制作の自由さが分かる動画を↓に貼っておきます。

1分ほどでサイト制作のイメージが分かります。




EditorXでサイト制作する手順を解説

Wixアカウントをすでに持っている人は、まずeditorx.com にアクセスして、WixのID・パスワードでログインをしましょう。



そして管理画面にログインできたら、「マイサイト」→「新しいサイトを作成」の手順でクリック。



すると、以下のような画面が出てきます。


EditorX専門のおすすめホームページ制作代行会社ならWix公式パートナーのWixプロが一番

「Editor X」をクリックしてサイト作成エディタへアクセスをします。



すると、テンプレートを選ぶページが出てきます。


EditorXでホームページやウェブサイト作成を依頼するならEditorX専門のWixプロがおすすめ

ここで自社のサイトのイメージに合ったテンプレートを選びましょう。



白紙で一からオリジナルデザインでサイトを作りたい人は、中央上部の「白紙テンプレート」をクリックします。

(操作になれていない人は、慣れるまで白紙で一から作るのはちょっと難しいかも)



テンプレートをクリックすると、以下のようにエディタが開きます。


Editorで高機能のホームページやウェブサイト制作を依頼するならEditorX専門の制作会社Wixプロ

この画面上で、パーツを動かしたり付け加えたりすることにより、サイト作成ができます。



初めてで操作方法が分からない人は、チュートリアルや操作方法を学んでから作るのもよし



とりあえず色々触りながら直感的に操作方法を身に付けていくのもよし。



自分に合ったやり方でサイト作成を進めていきましょう。



「どうしても難しい」という方は、Wixプロにて制作サポートを行っていますので、お気軽にご相談ください。



最後に


今回は、「WIX」が、レスポンシブデザインに特化して作成した新エディターである完全レスポンシブデザイン対応のノーコードツールであるEditorXについて



ノーコードツールでサイト作成をするのが初めての方や、経験が浅い初心者の方にも分かりやすく解説をしました。



サイト制作にとても便利なWixやEditorXを使いこなして、失敗のないホームページ運用を行っていきましょう。



Wixについてのお考えや課題のご相談も、Wixプロなら全部解決!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【SEO対策に強いWixホームページ制作会社ならWixプロ】

Wixウェブサイト制作をお考えの方に、管理がしやすくSEO設定にも充実したHPを実現。


【運営企業情報】

運営会社    株式会社GRAND PLANNING

​代表取締役   金光 壮太

所在地     〒660-0877 兵庫県尼崎市宮内町2ー52

        〒659-0087 兵庫県芦屋市三条町25ー8

移動オフィス  TEL:080-5717-3258(担当者直通)

メンバー    15名(パートナー含む)